オプテック(Opteck) 海外バイナリーオプション

オプテックは海外のバイナリーオプション業者です。 サイトは日本語対応!日本語サポートも万全! デモがサイトを開けばその場で出来る! 銀行送金先が楽天銀行・ジャパンネット銀行!


オプテック(Opteck)のボーナスこそ本当の意味でのボーナス!

海外のバイナリー業者にはほとんどといっていいほど入金金額に応じたボーナスがもらえます。

例えば10万円の入金に対して50%、5万円のボーナスが付いてきます。

特に初回入金に対しては、どの業者もボーナスを付与し入金を促します。

しかし、ボーナスを貰えば出金に際して制限が生じます。これは考えてみれば当たり前の制限だと思います。

ボーナスを貰って何回か取引したあと出金出来るのであれば、すぐに業者は破綻するでしょう。

業者によって多少異なりますが、よくあるのが「(入金額+ボーナス額)の40倍の取引をして初めてボーナス金額の出金が可能となる」、といった様なものです。

オプテック(Opteck)の場合、貰ったボーナス額の40倍の取引がボーナス出金の条件になります。

オプテックのボーナスは、他の海外バイナリーオプション業者とは違い後付けになります。

例えば10万円入金に対して30%のボーナス3万円が貰えるとすると(ボーナスがいくら貰えるかはキャンペーンにより違います。)、それは取引条件を満たした時点で口座残高に加算されます。

取引条件:ボーナス金額の40倍 この場合、¥30,000*40=¥1,200,000円分の取引を達成したら初めて¥30,000がボーナスとして残高に加算されます。

つまり、出金に関してボーナスは何も影響しないという事です。口座残高に表示される金額はいつでも全額引き出せます。

入金した金額は勿論のこと、取引で得た利益もいつでも制限なく引き出せます。
これであれば安心して高額入金もしやすいですね。

オプテックのボーナスこそ本当のボーナスだと思います。


オプテック(Opteck)での出金可能金額

 リアルマネーの口座残高とボーナスは一緒にならないこと、
 そしてボーナス条件をクリアしたボーナスはリアルマネーとなって口座残高に加算されること、
 口座残高にあるお金は必要書類が提出されていれば、いつでも引き出しが可能であること。


残高 = 出金可能金額

口座残高


ボーナス詳細 = リアルマネーとなるまでの取引量の詳細

ボーナス


以上の様にオプテックでは残高に表示される金額はいつでも出金が可能です。

ボーナスは、ボーナス条件の必要取引量をこなすと、口座残高にボーナスが反映され、リアルマネーとなり、出金が可能になります。

取引をするうちにボーナス引き出し条件がクリアする事もあるでしょうし、クリア出来なくとも入金した金額や取引で増えた金額はいつでも出金可能となるのです。

オプテック(Opteck)ではこの様に出金出来る金額は明確になっている為、出金時にもめる事は無いと思いますが、他の業者では口座残高にボーナス分も加算されて入っていると出金可能な金額が解りずらく出金時にもめる原因となる事も多いのではないかと考えます。


Opteckバナー.gif

5

実際の取引明細を表示してみました。

この時は残高50万円から136万円まで一気に増えました。その間ほんの1時間程度です。
エントリーはユーロ円の60秒オプションで1万円ずつ、5分オプションでは5万円ずつ。

下記の取引明細画像をクリックして拡大してみてもらえれば解ると思いますが、オプテックのカスタマイズオプション(30秒・60秒・5分・10分・30分・1時間が選べる)では任意なタイミングでエントリーが出来るので取引明細の1ページ分で約3分ほどの時間で14回のエントリーをした結果です。

払戻率は65%と比較的低いのですが、なんといっても自由なタイミングでエントリー出来る優位性はとても魅力です。国内のバイナリー業者にはなぜないんでしょうね。そんなところに規制をかける必要があるんでしょうか?ユーザーにとってメリットしかないと思いますが。

いつもこういう風に勝てれば仕事なんてしなくとも、南の島でのんびりと生活できるのですがね。そんなに人生甘くはないんでしょうね。

Opteck 取引明細
 















オプテックではサイトを開けばその場でデモが試せますので、一度やってみれば良いかと思います.

オプテック(Opteck)になんと30秒バイナリーが登場!!

 オプテックでは人気の60秒バイナリーが出来ますが今回なんと30セカンズ(30秒バイナリー)が開始されました。

「カスタマイズオプション」を選択し、次に銘柄を選択すると、右欄に可能な取引時間が現れます。そこで30秒を選択する事により30秒でのバイナリーオプション取引が出来ます。

 60秒もそうですが30秒なんてまるっきりギャンブルですね。日本国内で認められない訳です。

30セカンズが可能な銘柄は限られています。
 1. EUR/USD
 2. EUR/JPY
 3. EUR/GBP
 4. GBP/JPY
 5. USD/JPY
 6. 外国株 Google
 7. 外国株 Apple

30セカンズが可能な時間帯もそれぞれの銘柄で異なります。
 ●1~4 (EURUSD /  EURJPY /  EURGBP /  GBPJPY )
  日本時間:月~金12:45~11:45(GMT 21:45~20:45)   1日23時間
 
 ●5 (USDJPY)
  日本時間:月~金23:00~11:30(GMT 08:00~20:30)  1日12.5時間

  ●6~7 (Googole/Apple)
     日本時間:月~金5:00~11:00(GMT 14:00~20:00)         1日6時間

opteckバナー5


あなたも試しに一回、Opteckの、「新機能30秒バイナリー(カスタマイズオプション)」を試してみてください。

ちなみにオプテック(Opteck)ではサイトを開けばIDの登録など一切必要無く、その場でデモ取引が仮想資金100万円で可能です。

上記バナーからサイトを開いて左上の「デモ取引開始」メニューをクリックするだけでOKです。

私はこの前、オプテックのデモでなんと100万円が600万円に迄増えました。でも所詮自分のお金には一銭もなりません。(デモなので当たり前ですが)

その時のエントリータイミングとしてはトレンドが出ている時にトレンド方向に続けて(2〜3秒おきくらいで続けてのエントリーが可能!)5万円づつ賭け続けた所、ほんの3分くらい同じ方向に上がり、その結果エントリーしたものが全部当たったのです。その時はなんと40回くらい続けて当たりました。

ほんの3分くらいでプラス250万円です!!これがリアルな取引であったならと怖くなりましたね。

でも所詮、仮想なので疲れるだけなのでそれ以上は止めましたけど。

opteckバナー6





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

オプテック(opteck) - 入出金の方法

 オプテックは海外のバイナリーオプション業者で唯一,国内銀行振込に対応しています。


 オプテック(opteck)の国内入金対応銀行 : 楽天銀行・ジャパンネット銀行


 (注意)クイック入金に対応しているわけではありません。あくまで、入金時の振込先が楽天銀行・ジャパンネット銀行の2行から選べるという事です。楽天銀行・ジャパンネット銀行は日本国内の銀行なので入金された翌営業日にはオプテックの口座残高に反映されます。また海外送金では無いため、高い送金手数料(約¥2,500)も不要になります。
 
 入金先が国内の銀行であれば、日本国内のユーザーにはとても便利で入金の不安は無くなると思います。


opteckバナー5



オプテック(Opteck)の入出金方法について

入金

 アカウントにログイン後、取引システム・プラットフォームの右側に緑色の「ご入金」ボタンをクリックし、入金してください。 初回入金の最低金額は2万円以上、それ以降の最低入金金額も2万円以上。


[入金方法]


国内銀行振込 (楽天銀行/ジャパンネット銀行)
  海外銀行への送金では無いため高い送金手数料は不要でお勧めです。

クレジットカード - 即時入金
  VISAカード MASTERカード アメリカンエクスプレス JCBカード


デビットカード - 即時入金


電子決済 - 即時入金
  WebMoney Moneybookers
 
送金による入金 - 口座への反映まで2〜4日、振込手数料がかかる
  ウエスタンユニオン
  
出金

 アカウントにログイン後、サービス案内のタブ一番下の「出金する」より指示に従って手続きしてください。 出金額の上限・下限はありません。


[出金方法]
 入金時に使用した入金方法によって出金が可能です。また、入金した額よりも多い出金依頼の場合 は、入金額までは入金方法によって出金、残りの超えた額は海外銀行送金により出金となります。


 例:10万円をクレジットカード(デビッドカード)で入金し、その後25万円を出金する場合。
                   ↓
    10万円はクレジットカードによる出金、残りの15万円は海外銀行送金により出金となります。


[出金に要する時間]
 出金依頼を受けてから、出金処理手続きを2営業日以内に行います。 その後、クレジットカードによる出金処理であれば、クレジットカード会社に返金依頼を出し、クレジットカード会社は1~ 7日営業日以内にお客様のクレジットカードに返金手続きを行います。但し、着金は、各クレジットカード会社の締め日 等によります。


[出金にかかる手数料]
 月に2回までの出金には、出金手数料はありません。ただし金融機関の手数料のみユーザーの負担となります。
 月に3回目以降の出金には、$25の出金手数料と金融機関の手数料がかかります。


[金融機関の手数料]

  各種クレジットカード 無料
  WebMoney      0.8%
  Moneybookers    5% 但し利用出来ないこともあります
  ウエスタンユニオン  3~8% 出金総額によります
  海外銀行送金     お客様負担


注意:初回出金時に、口座開設時の本人確認書類に不備があるお客様、またオプテック経理部門が必要とする場合、 身分証明書のコピー、公共料金請求書のコピー、クレジットカードのコピー等の提出が必要になることもあります。


opteckバナー6


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

オプテック(Opteck) - 海外バイナリーオプション

デモ取引がサイトを開けば登録する必要が無く誰でもその場でできる。


 まずこの会社の何が良いかというとデモ取引がサイトを開いてそのままできるという点です。

 日本国内のFX会社を含めて、デモ取引がIDの取得無しでそのまま出来る会社はあまりありません。

 オプテックは面倒なデモIDの取得や再度のログインなどが一切不要です。個人情報(氏名・メールアドレス・生年月日など)の入力も必要ありません。

 改めて考えてみると国内・海外問わずデモ取引がなぜ簡単に出来ないのか不思議ですね。デモ取引が増えればサイトに負荷がかかるなどの最もらしい理由を付ける業者も多いですが。

 デモ取引がすぐにできれば取引方法の説明や払い戻し率の確認、取引銘柄、時間の確認などの説明文を読む必要がなくなり、感覚的に理解できます。

 実際の口座を開設して初めてデモ取引が出来たり、初回入金をして初めてデモ口座が開けたりする会社もありますが、そんなサイトは問題外でしょうね。

 誰でも実際にやってみて勝てそうだと思えば、もしくは使いやすいサイトだと感じればこそ、はじめて実際のお金を入金して取引を始めるものです。

 今すぐこちらからオプテックのデモ口座で遊んんでみてはいかがですか?
 下のバナーをクリックするとオプテックのトップ画面トが開きますので、左メニューの「デモ取引開始」というところをクリックするだけで、そのまま100万円の仮想金額でデモ取引が出来ます。

Opteckバナー.gif

 ちなみに私はオプテックで色々な取引を適当にやっていたらほんの2時間程で仮想の100万円はなくなりました。けどサイトの使い方は良く解りました。

 オプテックのプラットホームを使ってみての感想としては、少々使いづらいかなと感じました。

 短期取引(60秒バイナリー)の銘柄は
  USD/JPY(ドル円)・EUR/USD(ユーロドル)・AUD/JPY・AUD/NZD・AUD/YSD・
  EUR/AUD・EUR/CAD・EUR/GBP・GBP/JPY

 今回から超短期取引(30秒バイナリー)もスタート!!
  30秒バイナリーの取引銘柄はGBP/JPY・EUR/JPY・EUR/USDの3つに限られていました。

 短期取引は「カスタマイズオプション」で取引時間を30秒・60秒・5分・10分・30分のいずれかを選択する形となります

 払い戻し倍率は65%と他社と比べて低く、適当にエントリーしていたのではとても勝つのは難しいでしょう。

 勝てるエントリータイミングとしてはどちらかに大きく動いた時(あくまで今までの動きと比べて相対的に)に逆に賭けるのが良いと思います。そのまま同じ方向に動いてトレンドが形成される事もあるでしょうが、30秒や60秒の勝負では戻る事の方が多いと思います。

 30秒バイナリーや60秒バイナリーは一回の結果が出る前に何回でも続けてエントリー出来るので、ここぞと思った時に続けてエントリーすれば(3秒くらいで次のエントリーが可能)30秒後、60秒後には次々と結果が出て、思惑通りの動きであれば全て当たる事も多いのです。


このページのトップヘ